時々、私は考える。

時々、私は考える。

Trailer

予告動画

Introduction

イントロダクション

2023年 サンダンス映画祭 コンペティション部門正式出品

『スタォーズシリーズ
デイジドリー
&プロデュース

“生こと愛おしさ”を知っていく
不器な大人のための物語。

2019年に発表され、各国の短編映画祭で数々の賞を獲得した同名短編映画の長編映画化作品『時々、私は考える』。ポートランドからほど近く、名作映画『グーニーズ』の舞台としても知られるオレゴン州アストリアの閑散とした港町で繰り広げられるノスタルジックで少しだけロマンチック、そして優しい愛に溢れた人間讃歌の物語。
主演を務めるのは『スター・ウォーズ』シリーズで知られるデイジー・リドリー。人付き合いが苦手な主人公フランが、恋や仕事仲間との交流をきっかけに少しずつ変化していく様子を繊細な演技で表現しており、昨年のサンダンス映画祭にてプレミア上映された際には「デイジー・リドリーの新たな一面が発見された」と彼女の高い演技力が再評価され話題となった。さらに本作でデイジーはプロデューサーとしても名を連ね、一から制作にも携わるという新しい挑戦も果たしている。監督を務めるのは、2023年インディワイヤー誌が発表した《注目の女性監督28人》に選出された注目株、レイチェル・ランバート。これまで3本の長編映画を手がけてきた彼女だが、本作が日本で公開を迎える初めての作品となる。

Story

ストーリー

人付き合いが苦手で不器用なフランは、会社と自宅を往復するだけの静かで平凡な日々を送っている。友達も恋人もおらず、唯一の楽しみといえば空想にふけること。それもちょっと変わった幻想的な“死”の空想。そんな彼女の生活は、フレンドリーな新しい同僚ロバートとのささやかな交流をきっかけに、ゆっくりときらめき始める。順調にデートを重ねる二人だが、フランの心の足かせは外れないままで——。

Cast

キャスト

  • デイジー・リドリーデイジー・リドリー
    デイジー・リドリーデイジー・リドリー

    フラン

    1992年4月10日生まれ、イギリス・ロンドン出身。高校を卒業後、2013年、英TVシリーズ「Younger(原題)」で女優デビュー。インディーズのホラー映画『Scrawl(原題)』(14)で長編作品デビューを果たした後、新人ながら『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のヒロイン、レイ役に大抜擢され、一躍ブレイク。主な出演作に『オリエント急行殺人事件』(17)、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)、『ピーターラビット』(18/声の出演)、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)、『カオス・ウォーキング』(21)などがある。2026年に公開予定とされている『スター・ウォーズ』シリーズ新作映画にも引き続き出演することが発表されており、今後も活躍が注目される。

    1992年4月10日生まれ、イギリス・ロンドン出身。高校を卒業後、2013年、英TVシリーズ「Younger(原題)」で女優デビュー。インディーズのホラー映画『Scrawl(原題)』(14)で長編作品デビューを果たした後、新人ながら『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)のヒロイン、レイ役に大抜擢され、一躍ブレイク。主な出演作に『オリエント急行殺人事件』(17)、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)、『ピーターラビット』(18/声の出演)、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)、『カオス・ウォーキング』(21)などがある。2026年に公開予定とされている『スター・ウォーズ』シリーズ新作映画にも引き続き出演することが発表されており、今後も活躍が注目される。

  • デイヴ・メルへジデイヴ・メルへジ
    デイヴ・メルへジデイヴ・メルへジ

    ロバート

    1980年7月21日生まれ、カナダ・オンタリオ出身。ラミー・ユセフ主演のTVドラマ「ラミー:自分探しの旅」(19-20)の出演で知られる。本業はコメディアンだが、作家の顔も持ちマルチに活躍する期待の俳優。

    1980年7月21日生まれ、カナダ・オンタリオ出身。ラミー・ユセフ主演のTVドラマ「ラミー:自分探しの旅」(19-20)の出演で知られる。本業はコメディアンだが、作家の顔も持ちマルチに活躍する期待の俳優。

  • パーヴェシュ・チーナパーヴェシュ・チーナ
    パーヴェシュ・チーナパーヴェシュ・チーナ

    ギャレット

    様々なテレビシリーズやコメディドラマで活躍するベテラン俳優。主な出演作はTVシリーズ「クレイジー・エックス・ガールフレンド」(16-19)、AppleTV+のシリーズ「神話クエスト」(20-)、Disney+の「メル・ブルックス/珍説世界史PARTII」(23)など。声優としても活躍し多くの作品に参加している。

    様々なテレビシリーズやコメディドラマで活躍するベテラン俳優。主な出演作はTVシリーズ「クレイジー・エックス・ガールフレンド」(16-19)、AppleTV+のシリーズ「神話クエスト」(20-)、Disney+の「メル・ブルックス/珍説世界史PARTII」(23)など。声優としても活躍し多くの作品に参加している。

  • マルシア・デボニスマルシア・デボニス
    マルシア・デボニスマルシア・デボニス

    キャロル

    ニューヨークの劇場、セカンドステージ、アルス・ノヴァなどの創立メンバーである俳優。出演作には、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(13-19)、「ホームランド」(11-20)、「Almost Family」(19-20)などのドラマシリーズがある。

    ニューヨークの劇場、セカンドステージ、アルス・ノヴァなどの創立メンバーである俳優。出演作には、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(13-19)、「ホームランド」(11-20)、「Almost Family」(19-20)などのドラマシリーズがある。

  • ミーガン・ステルターミーガン・ステルター
    ミーガン・ステルターミーガン・ステルター

    イゾベル

    ロサンゼルスを拠点とする俳優、コメディアン。2020年には、VarietyとVultureの両誌から注目すべきコメディアンに選ばれている。HBO Maxシリーズの「Hacks」(21-)への出演がブレイクのきっかけとなった。コメディ映画『CORA BORA(原題)』(23)の主役を務めたほか、ユニバーサルの映画『Please Don't Destroy(原題)』(23)に出演。次回作はアマンダ・サイフリッド、アリアナ・デボーズ共演の『My Ex-Friend's Wedding(原題)』を予定している。

    ロサンゼルスを拠点とする俳優、コメディアン。2020年には、VarietyとVultureの両誌から注目すべきコメディアンに選ばれている。HBO Maxシリーズの「Hacks」(21-)への出演がブレイクのきっかけとなった。コメディ映画『CORA BORA(原題)』(23)の主役を務めたほか、ユニバーサルの映画『Please Don't Destroy(原題)』(23)に出演。次回作はアマンダ・サイフリッド、アリアナ・デボーズ共演の『My Ex-Friend's Wedding(原題)』を予定している。

  • ブリタニー・オグレイディブリタニー・オグレイディ
    ブリタニー・オグレイディブリタニー・オグレイディ

    ソフィー

    エンターテインメント業界で最も輝く才能の一人として頭角を現す俳優。TVシリーズ「STAR/スター 夢の代償」(16-19)のシモーネ役、ブラムハウスの映画『ブラック・クリスマス』(19)、エミー賞を受賞したHBOシリーズ「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル(シーズン1)」(21)のパウラ役などで知られる。Netflixが配給権を獲得した話題のホラー映画『It's What's Inside(原題)』など注目作への出演が続く。

    エンターテインメント業界で最も輝く才能の一人として頭角を現す俳優。TVシリーズ「STAR/スター 夢の代償」(16-19)のシモーネ役、ブラムハウスの映画『ブラック・クリスマス』(19)、エミー賞を受賞したHBOシリーズ「ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル(シーズン1)」(21)のパウラ役などで知られる。Netflixが配給権を獲得した話題のホラー映画『It's What's Inside(原題)』など注目作への出演が続く。

Staff

スタッフ

監督

ケンタッキー州ルイビル出身の監督、脚本家。長編デビュー作『IN THE RADIANT CITY(原題)』(16)はジェフ・ニコルズ(『ラビング 愛という名前のふたり』(16)など)がプロデュースを務め、トロント国際映画祭でプレミア上映され話題を呼び、シアトル国際映画祭ではニュー・アメリカン・シネマ・アワードにノミネートを果たした。

フィルモグラフィー
In The Radiant City(2016)
I Can Feel You Walking(2022)
Sometimes I Think About Dying(2023)

撮影

テネシー州出身の撮影監督。幼少の頃からあらゆるビジュアル・アートに興味を持ち、10代後半から写真と映画撮影に専念するようになる。ミュージック・ビデオやコマーシャルの世界で活躍したのち、撮影スタッフとして参加した、アーカンソーの田舎町が舞台の『DAYVEON(原題)』(17、アマン・アバッシ監督)は、サンダンス映画祭とベルリン映画祭で上映された。手がけた作品はサウス・バイ・サウスウエスト映画祭バンクーバー、トライベッカなど様々な映画祭でプレミア上映され、国際的な賞を受賞している。

音楽

ロサンゼルスを拠点に活動する作曲家、アレンジャー、マルチ・インストゥルメンタリスト。アカデミー賞®のショートリストにノミネートされたドキュメンタリー『PROCESSION(原題)』(21)、長編映画『I CAN FEEL YOU WALKING(原題)』(21)、『BROKEN DIAMONDS(原題)』(21)などの音楽を担当。Netflixオリジナル映画『最高に素晴らしいこと』(20)ではアレンジとオーケストレーションを担当している。またWild Cub、MYZICAなどのバンドをプロデュースするほか、ルイス・プリンス、スカイウェイ・マン、アレクサンダー・レンなどのアーティストの編曲も手がけている。

Director’s
Comment

監督コメント

私がフランの物語を描くことを決めたのは、
彼女が周囲の世界とのつながりを見出そうともがくときに感じる孤独に共感したからです。

人は、死ぬことを考えるとき、本当は“生きること”を気にかけているのだと思います。
正しく、有意義に、安全に生きることを憂うあまり、頭の中がいっぱいになって、
その空想に住み着いてしまうことがあります。
まさにフランがそうですが、きっと誰しもが同じなのではないでしょうか。

フランの物語を通して、
シンプルなメッセージを皆さんに伝えたいと思います。

「一歩外に出て、目の前に広がるものを自分の目で見よう。
そして、人を愛したり、話したり、聞いたり、共有したり、ハグしたりして、
あらゆるリスクを冒そう。“生きて”いくために。」

Theater

劇場情報

都道府県
劇場名
上映日
ムビチケ
CLOSE